「年収の3分の1までしか借りれない」なんてウソ 

「消費者金融からもっとお金を借りようとした。
でも、総量規制を理由に貸してもらえなかった・・・」

 

もしあなたが消費者金融などの貸金業者から総量規制を理由に年収の3分の1以上の借り入れができなかったとしても、決してあきらめる必要はありません。

 

あなたの借り入れを阻んだ総量規制というルールは、すべての金融機関に適用されるわけではないんです。
じゃあどこの金融機関のカードローンならいいの?
そもそも、総量規制っていったいどういうルールなの?

 

このサイトでは、あなたのそんな疑問をしっかり解決します。
そもそも総量規制とは何なのか。そして、総量規制のルールが適用されない、いわゆる総量規制対象外のカードローンとはどんなものかについて、やさしく解説していきますよ。

 

そもそも総量規制って?

                
総量規制とは

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

総量規制とは、2010年施行の改正貸金業法によって新しくできた規制のことをいいます。

 

過去には、貸金業者から債務者に対する過剰な貸付が大きな社会問題になりました。
大きすぎる元本と高い利息によって、自分の返済能力を超えた借金を負った債務者が破綻するケースが相次いだのです。

 

そのような事態を未然に防ぐべく、貸金業者(※)が債務者に過剰な貸付をできないよう総量規制によって債務者の年収の3分の1を超える借り入れを禁止することにしたのです。
これによって、たとえば年収300万円の人なら、100万円以上の借り入れができなくなりました。

 

※貸金業者
消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などの貸金業法で定められた業者を指します。
なお、銀行は貸金業法における貸金業者に該当しません。

 

さらに、新規で一定額以上の借り入れを希望する場合には収入証明書の提出が義務づけられました。融資の審査段階で、返済能力のある人にしか貸し出しをさせないようにするためです。

 

総量規制が生んだ問題点

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

このルールはあくまでも債務者保護の目的のもとに新設されたわけですが、かたや、これからまとまった額の借り入れをしたいという人にとってはやっかいな規制になってしまいました。

 

ある程度大きな額を借りたいと思っている人でさえ、年収の3分の1までという画一的な線引きによって融資の審査さえ受けられない事態が出てきてしまったのです。

 

ただし、この総量規制というのはあくまでも“貸金業者”を対象にしているというのがポイントです。
つまり、貸金業者ではない金融機関ならば総量規制の対象にはならないので、年収の3分の1以上の借り入れをすることも可能というわけです。

 

そして、その総量規制対象外の金融機関こそが、銀行のカードローンなのです。

 

 

総量規制対象外のおすすめ銀行カードローン

        

たとえば、以下の2つのカードローン。
総量規制対象外の銀行カードローンですから年収の3分の1以上の借り入れが可能であるのはもちろん、使い勝手や業界トップクラスの金利の低さから、いま最も人気のカードローンです。

 

三井住友銀行カードローン

総量規制対象外

三井住友銀行なら最短即日融資可能!
また、三井住友銀行の口座がなくても申込ができます

 

審査結果の連絡は9時〜21時までですが、ローン契約機に行けば即日のカード発行が可能です。

 

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

業界最低水準の金利、年1.9%から。最短即日融資も可能なので、急ぎでも対応が可能です。

 

300万円までなら年収証明書が不要。入会時に楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえます。

 

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

 

総量規制には「除外」と「例外」があるんです   

        

上記の銀行カードローンのように、貸金業法における総量規制の対象とならない貸付を一般に“総量規制対象外”の貸付と呼びます。

 

総量規制対象外の貸付は大きく2種類に分類され、それぞれ「除外貸付」と「例外貸付」といいます。

 

除外貸付

「除外貸付」とは、そもそも総量規制の対象とならない貸付のことです。
たとえば以下のような貸付がそれにあたります。

 

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費の貸付
  • 携帯電話の端末ローン
  • クレジットカードのショッピング機能…etc

    (クレジットカードのキャッシング機能は総量規制の対象となります)

 

これらのローンはそもそも貸金業法の適用外なので、総量規制の除外貸付となります。

 

例外貸付

「例外貸付」とは、本来なら消費者金融、クレジットカードのキャッシング、信販会社からの貸付は総量規制の対象となるところ、下記の一定の条件を満たす場合には例外的に総量規制対象外となる貸付のことです。

 

  • 顧客が一方的に有利になる借換え
  • 配偶者と併せた年収で3分の1までの借り入れ
  • 緊急の医療費のための借り入れ
  • 個人事業者による借り入れ

 

たとえば年収300万円の人が、消費者金融Aから60万円、消費者金融Bから40万円を借りているとします。
しかし、別の消費者金融C社ではもっと低金利のローンを組めることを知って、C社から100万円借りて、そのお金でA社、B社のローンは完済する。

 

債務者にとってより有利なローンに債務を一本化するこのようなローンをおまとめローンといいます。
そして、この人にとってC社から借り入れることは「顧客が一方的に有利になる借換え」といえるので、総量規制の例外扱いになるのです。

 

年収の3分の1までと、一見、杓子定規なルールにも思える総量規制ですが、制度の目的はあくまでも貸金業者からの債務者保護です。
だからこのように借り手にとって有利になったり必要性が高い借り入れの場合には、除外や例外を設けているというわけですね。

 

年収の3分の1以上借りたいならやっぱり銀行カードローン 

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

ただし、上記の除外貸付や例外貸付は、借り入れの目的が決まっていたり、一定の条件を満たす必要があります。

 

では、使用用途が自由で、かつ年収の3分の1を超えるような多額の借り入れをしたいという場合はどうすればよいのでしょうか。

 

そこで役に立つのが、銀行カードローンなのです。

 

銀行カードローンも当然カードローンの一種ですから、借入金の使用用途はある程度借り手の自由です。(事業性資金としての利用などは不可)

 

そして、前述のように銀行は貸金業法の適用を受けないので銀行カードローンは総量規制の対象とならず、銀行独自の審査を通して返済能力ありと判断されれば、年収の3分の1以上の借り入れをすることが可能です。

 

そのため、すでに消費者金融などから年収の3分の1ぎりぎりの借り入れをしている人でも、銀行カードローンから新規でさらに借り入れをできる余地があるのです。

 

 

総量規制対象外の銀行カードローンはこんなにある! 

   

銀行カードローンなら総量規制対象外で年収要件を気にせず借り入れできることがわかったところで、具体的にどんな案件があるのかを見ていきましょう。

 

ひとくちに銀行カードローンといっても、各金融機関によってサービスの内容はさまざま。
どうせなら、金利が低いなど借り手に有利なカードローンを選びたいですよね。

 

そこで以下では、当サイトおすすめのカードローンを順に紹介します。

 

 

<おすすめの銀行カードローン2トップ>

日本を代表するメガバンク、三井住友銀行。やはり長い歴史と豊富な実績には有無をいわさぬ説得力があるのでしょうか、当サイトを訪れる方に最も選ばれているカードローンです。

三井住友銀行カードローン

総量規制対象外

  • 金利:年4.0〜年14.5%
  • 契約極度額:最高800万円
  • 即日対応:可

三井住友銀行カードローンは、9時から21時まで審査結果の回答が可能と、かなり時間にゆとりがあります。また、ローン契約機が21時まで開いているので、その時間までに行けば即日融資も可能です。そのため、急にお金が必要になった時にでも安心して借りることができます。

 

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

 

いまやネットを使っていて楽天で買い物したことがない人なんてほとんどいないはず。それくらい私たちの生活に浸透した楽天は、銀行カードローンでも幅広い支持を獲得しています。

楽天銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年1.9%〜年14.5%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:楽天銀行口座を持っていれば可

楽天銀行は主婦にもユーザーの多い楽天市場と同じ系列ということもあり、専業主婦の方への積極的な融資姿勢を持っているのが特徴です。また、借り換えやおまとめ目的での借り入れにもウエルカムであり、幅広いユーザーに対応しています。

 

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

 

総量規制対象外で専業主婦でも借りられる?

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

  

2010年の改正貸金業法の施行によって総量規制が導入されて以来、そもそも収入がない、あるいは少ない主婦は、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用することが難しくなってしまいました。

 

実際、大手消費者金融のなかには、【一定収入のない専業主婦の方の申し込みは不可】と明記しているところもあります。

 

たしかに、収入がない、つまり返済能力がない主婦を貸金業者の過剰な融資から守るというその制度趣旨は素晴らしいのですが、現実問題としてお金を借りられなくて困るという主婦が大量に発生することになってしまいました。

 

そうして貸金業法の改正によって消費者金融などの勢力が弱まった個人向け融資市場ですが、そこに積極的に進出してきたのが大手メガバンクをはじめとする銀行カードローンです。

 

銀行に適用される法律は銀行法であって貸金業法ではありません。
したがって銀行カードローンは総量規制対象外となり、主婦で収入がないからという理由で審査さえ受けられないということはないのです。

 

また、近年では【専業主婦向け融資可能額】を設定して、審査にあたって夫の収入証明書さえ必要なく借り入れすることができるようにもなってきました。(注:収入証明書は不要ですが、配偶者に収入があることは必要です)

 

そして最近では、もともと主婦層の利用者が多い楽天やイオンのような小売・流通系企業の銀行も主婦層に対して積極的にカードローンの利用を受け入れているため、収入のない専業主婦にとって銀行カードローンというのはいまだかつてないほど強力な味方となっているのです。

 

そこで以下では、総量規制対象外で専業主婦でも借りれるおすすめ銀行カードローンをご紹介していきます。

 

 

<専業主婦にもおすすめの銀行カードローン>

 

主婦の利用が多いといえば、こちらも外せません。流通業界の最大手・イオンが展開するイオン銀行のカードローン。申込みはスマホからサクッと。引き出しはイオンの店舗での買い物ついでに専用ATMからこれまたサクッといけちゃいます。

イオン銀行のカードローン

総量規制対象外

  • 金利:年3.8%〜年13.8%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:イオン銀行口座があれば可

たとえばイオン銀行カードローンで10万円借りた場合、月々の返済額は約3000円と負担なく返していけるのが助かります。収入のない専業主婦でも夫に収入があれば50万円まで借り入れ可能。イオンはカードローンでも主婦の味方ですね。

 

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

 

 

男性人気の高い銀行カードローンは?

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

上記で、収入のない専業主婦にもおすすめの銀行カードローンをご紹介してきました。

 

次は、男性の顧客に人気の銀行カードローンをご紹介しましょう。
それがオリックス銀行とスルガ銀行のカードローンです。

 

オリックス銀行は主に40代男性を中心に強い支持を受けているカードローン。最近は本当にたくさんのネットバンクが存在するようになりましたが、オリックス銀行はそのなかでも比較的早い時期からネットバンク業務をスタートした、ある意味で“老舗”です。

オリックス銀行

総量規制対象外

  • 金利:年3.0%〜年17.8%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:可

奇をてらったところがなく、非常にバランスの取れたカードローン。派手さはないけど、シンプルだから使いやすい。いぶし銀な大人の方に使ってほしい1枚です。

 

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

 

スルガ銀行をただの地方銀行と思ったら大間違い。いまや当たり前となったネットバンクサービスを大手都銀より一刻も早く充実させるなど、先進的な取り組みで存在感バツグンの金融機関なんです。

スルガ銀行

総量規制対象外

  • 金利:年3.9%〜年14.9%
  • 利用限度額:800万円
  • 即日対応:可

スルガ銀行のカードローン「リザーブドプラン」は、VISA機能をつけられるのがウリ。これがあればキャッシングもできるし、クレジットカードとしても使えます。この「リザーブドプラン」、スルガ銀行の口座がなくても振込に対応しているのが助かります。やはりスルガ銀行はやってくれますね。

 

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

 

 

総量規制についてもっと知るなら・・・

   

総量規制対象外の銀行カードローン一覧|主婦も可能?審査は?年収の3分の1以上借りれます

  

以上、総量規制対象外で年収の3分の1以上の借り入れも可能なおすすめ銀行カードローンを紹介してきました。

 

いずれも人気・実績のともなったカードローンですから、あとはあなたの好みや状況に応じて選ぶだけで大丈夫です。

 

もっとも、いくら総量規制対象外のカードローンだとはいえ、融資の審査はしっかりとありますからね。
申し込み時には必要事項をしっかりと誠実に記入したうえで審査に臨みましょう。

 

なお、総量規制についていまいちまだよくわからない。あるいはカードローンのことについて他にもいろいろと知識を身に着けたうえで、どこの銀行カードローンを選ぶか考えたい。
そんな方におすすめなのが、以下のカードローン総合情報サイトです。

 

総量規制ってなんのこと?

 

カードローンは使い方しだいで薬にも毒にもなります。
正しい知識を身につけたうえで賢く利用すれば、あなたの人生を間違いなく豊かにしてくれますよ。